家に駐車場を作るなら|アスファルト舗装工事の流れを知っておこう

駐車場を設けたい場合

舗装工事は駐車場を作るときに行われる場合が多く、一般の人でも依頼ができます。自宅の敷地を駐車場にしたいときや、土地活用のために行いたい場合に舗装工事が役立ってくれます。舗装工事は現場視察をしてから見積もりを作成してくれるので、安心して取り組むことができます。

一般的な工事

作業員

舗装工事を行なうときは、何と言ってもアスファルトの合材確保が重要です。自社でプラントを持っているところであれば問題無いですが、時期によっては受注した工事分をすぐに入手してもらえない可能性があるからです。アスファルト舗装工事は、事模が100m程度の短い工事もあれば、数キロにまたがるようなバイパス工事もあるので、数量を事前に把握してもらうことは大事です。また、雪国の場合はプラントの稼働期間が限られているので、冬期間の工事の場合は特に注意が必要でしょう。また、同時に考えなくてはならないのが建設機械である重機です。アスファルト舗装工事の場合はアスファルトフィニッシャーやタイヤローラなどの重機が欠かせませんが、自社でそれを所有していても、他の工事で利用中でないか確認してもらう事が必要です。仮に使っている場合でも、うまく転用しながら使えるように段取りしてもらい、工事が遅れないようにしてもらいましょう。また、契約事務員と少しでも迅速にやりとりし、やり直しが無いように、工事計画書含めた書類も、すぐに準備してもらうようにしましょう。実際は、見積もりから施工まで少し時間があるので、最初のうちは流れや費用の確認などを業者と密に行なうことが大切です。アスファルト舗装工事は慣れていれば、特殊な材料を使わない工事であれば難しくないので、天気の良い時に一気にやってもらったほうがいいでしょう。その方がコスト的にも安く、お得になることがあります。

アスファルトの舗装費用

アスファルト舗装を業者に依頼するときの相場は、工事を行う現場の状況や業者によって費用は変わってきます。余分な工事が必要ない状況であれば、車4台分のアスファルト舗装をしたときの相場は、30万円程度になります。

快適な道路にするため

舗装工事は雨による道路の泥濘化や風による砂塵の巻き上げを防止し、道路を歩きやすく快適にするために行われます。残土を取り除き、土を押し固め、砕石を敷き、砕石を押し固めてからアスファルトを敷いて固めるのです。しっかりとした路盤がなければ、よい道路とはいえません。